相模原の葬儀は少人数の家族葬も出来る

一昔前までは、葬儀というとその地域ごとに伝統の風習があり、それに則って行われるのが常識という根強い文化があり、その多くは盛大に執り行われていました。しかし、近年は核家族化が進み、昔のように家族が何世代も一緒にまたは近くで暮らし、隣近所とも深いお付き合いがあるという人と人とが密な時代ではなくなってきました。少子化かつ都市部への人口流入により、親との同居や近居をする子供は減少し、周囲との近所づきあいも無く1人で暮らす高齢者が増えています。そのため、従来のような葬儀は親族から知人まで集まって盛大に行うことが難しい人も多く、また冠婚葬祭の簡素化という流れもあり、特に都市部を中心に葬儀の形態は個々の生活スタイルによって大きく変化をしています。

相模原市で家族葬は増えています

神奈川県の相模原市は東京に隣接する落ち着いたベッドタウンとして人気の街ですが、相模原市でも葬儀スタイルの変化を多くみることができます。やはり少子高齢化が進んでいる地域でもあるため、昨今では小規模に執り行う家族葬という選択が増えています。家族葬とは従来の一般葬とは異なり、家族と親族のみで執り行う葬儀です。高齢者の高年齢化に伴い、また近所づきあいの希薄化により、社会ともう長いこと関わりを持たない生活を送る高齢者が増えているため、大々的に葬儀を執り行う背景が無い人が増えていることが増加の一因です。また、一方で参列者に気を遣うことなく、家族だけでゆっくりと故人を送り出したいというニーズに応えられる葬儀形態として人気が高まっている背景もあり、今や家族葬は大幅に増えています。

1日葬、火葬式という多様な選択

相模原市では「家族葬」自体もさらに多様化しています。従来の通夜、葬儀、告別式、火葬を2日に渡って行う方式で参列者は家族と親族のみという形式が一つですが、よりコンパクトな式にしたい人には一日葬という選択もあります。これは葬儀と火葬のみを1日で行うものです。従来は親しい人が通夜に出て、それ以外の人は告別式という風習でしたが、今は曖昧になっていることもあり、親族のみで1日にコンパクトに式がまとめられたものです。さらにコンパクトに行いたい人には火葬式(または直葬)という選択もあります。これは葬儀や告別式を行わず、火葬のみ行うものです。相模原市の市営斎場の火葬費用は市民ならば無料で行うことができるため、費用を抑えて故人を送り出すことができます。(市民以外は45000円かかります)