少額で済ませる相模原で出来る小さな葬儀

近年、葬儀の在り方が大きく変化していることをご存知でしょうか。少し前までは、葬儀といえば親戚一同が介して、生前親交のあった知人や近所の人たちが集い、賑やかに故人を送り出すのが当たり前に行われていました。しかし、近年は人々の生活スタイルは急激に変化しています。近所付き合いは簡素化され、誰が隣に住んでいるのかもわからないという状況が都市部では珍しいことではありません。また、昔に比べて家族のつながりも薄くなっており、親戚付き合いも希薄化しています。また、高齢の親と同居する息子・娘も減り、高齢者の孤独な独り暮らしも増えているため、いざ葬儀となった時に参列者が血縁の近い家族以外ほとんどいないということも多々見られ、小規模な葬儀が増えているのです。

小規模葬儀が増えている理由は?

孤独な高齢者が増えたというネガティブな要因だけが小規模葬儀の増加の理由ではありません。もう一方では、冠婚葬祭にお金をかけるよりも、他のことで有意義に使いたいというリアリストが増えている背景もあります。特に都市部ではその傾向にあり、東京都隣接する神奈川県相模原市も例外ではありません。冠婚葬祭で遺族は参列者に気を遣ってバタバタしているうちに終わってしまうのではなく、家族だけでじっくりと故人との最後の時を過ごし、思う存分の気持ちを込めて送り出してあげたい、そのために家族だけでこぢんまりと葬儀を行いたいという趣旨で家族葬を選ぶ人が増えている一面もあるのです。かつては葬儀は昔ながらの風習に従うことが美徳とされていましたが、近年では生活スタイルに則した形が美徳と変化しているからだと言えるのではないでしょうか。

小規模葬儀が低価格なのはなぜ?

従来通りの一般葬と小規模な家族葬の費用の違いはどこにあるのかというと、まず一般葬の場合は平均的には80~100人ほどの人が参列する場合が多いので、式場の規模も祭壇の規模もそれなりに大きなものが必要となります。特に祭壇は部屋に合わせてサイジングされるので、大きくなればなるほど生花の使用量も増え高価になります。また、通夜ぶるまいや精進落としなどの飲食代も参列人数と比例して上がるため、人数の少ない家族葬は価格を抑えることができます。また、小規模な家族葬を行うにあたって、さらに価格を抑えて葬儀を行いたい場合は、故人が相模原市民の場合は相模原市の公営斎場を使用すると、私営斎場に比べて大幅にリーズナブルな価格で葬儀・火葬を執り行うことができるのでお得といえます。